うさがかく 日常のイラストブログ

元漫画家が、思いついたことをイラストや漫画とともに紹介したり書いてみたりするブログ。絵の描き方もちょこちょこ載せます。

初心者でも簡単!アイビスペイントで即日絵が上手くなる方法を漫画とともに紹介!

f:id:usausagitan:20200201015051j:image

紹介するのは線画(輪郭線)のことなので、カラーについてはまたいずれ。

 

「イラストを描く能力が上がる方法」ではなく、「アイビスペイントで描くときに上手に描けるようになる方法」ですのでお間違えなく!

 

 

道具編

①タッチペンで描こう!

これは確実に絵が変わります。

指で描くのと段違いに描きやすい。

 

キャンバスに触れる範囲が、指と比べてペンの方が小さいからなんや!

 
 
 

描きたい線の起点が、指だとどのあたりにくるかわかりにくいですよね?

ペンだと線の起点がわかりやすく、線を引いている間も、どのような線が引けているのか目で確認しながら作業することができるんです。

 

 

それに普段からペンでかくこと自体に慣れてるから描きやすいね!

 
 
 

専用のペンなんて高いんじゃないの?と思う方も多いでしょうが、スマホ用のペンは100均にも売っています。

 

▼100均で購入したペン

f:id:usausagitan:20200128011141j:image

 

たまに反応しなかったりしますが、100均だから許せます。

 

ただ100均のペンでも、種類によって描きやすさが変わる模様…。

購入するペンは、ペン先が丸くなっていないものの方が描きやすいです。

私が使っている100均のペンは先が細くて、透明のディスクが先についているタイプ。

 

f:id:usausagitan:20200201173650j:image

 

通販でも安くてかわいいデザインのものが売っているので、予算に合わせて購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

タブレットを使おう!

スマホだと画面が小さいので細かい部分は描きづらいですよね。

イラストの全体像を見たときに小さいのも、ミスしている部分を見逃したりする原因になります。

イラストを描くだけであれば、ひとにもよりますが7〜10インチあれば充分だと思います。

 

1インチ=2.54センチメートル

 

 

でもタブレット高い…

 
 
 

 

サイズや性能にもよりますが、タブレットは安くても1万円以上することがほとんど。

他にも目的があるなら別ですが、イラストを描くためだけに新しくタブレットを購入するのは難しいですよね。

 

すでにタブレットを持っている方にはオススメ、という感じです。

 

● アイビスペイントX対応機種 ●

・ iOS

iOS10.0以降のiPhone(iPhone5以降)、iPad Pro、iPad(iPad4以降)、iPad mini(iPad mini2以降)、iPod touch(第6世代以降)

・ Android

Android4.1以降のスマートフォンタブレット